ブログデザインの重要性!?

f:id:mint_blog_japan:20190420163024j:plain

こんにちは!みんとです!

 

 

ブログを書く際、記事の内容ばかりを気にして、デザインを疎かにしていませんか?

 

アイキャッチ、改行のバランス、ブログ自体のデザイン etc...

ブログの読者を増やすために必要なデザインの要素はたくさんあります。

 

 

今回は、広告代理店で営業マンをやっている私が、そんなデザインの重要性について紹介します。

 

 

読む人の立場になって考える。

色々な方のブログを読んでいて、よく思うのが、

「この人すごい良い記事なのに見た目で損してるよな」です。

 

 

記事の内容が素晴らしく、為になるものだとしても、見た目が良くないと初見の読者は見ようという気にならないのです。

 

 

改行がされていないギッシリと文字の詰まった文章、

人気のテンプレートで見飽きてるデザイン、

何の記事かわかりにくいタイトル、

フリー素材を貼っただけのアイキャッチ画像、

などなど・・・。

 

ブログのデザインや、アイキャッチの部分は少し大変かも知れませんが、改行や、タイトルはすぐにでも実行できる部分です。

今まで特に気にしていなかった方は、すぐに改善してください。

 

 

次に、ブログデザインや、アイキャッチ画像についてですが、

できる限りオリジナリティが出せるものにしましょう。

 

ヘッダーの画像や、アイキャッチは無料でも手を加える事が可能です。

 

 

windowsなら、パワーポイントやペイント。

macなら写真アプリの「プレビュー」からでも編集が可能です。

 

今は、macの「Photoshop」で編集していますが、以前はwindowsのパワーポイントで編集していました。

 

 全く使ったことのない方は、最初は慣れるのが大変かも知れませんが、機能を覚えてしまえば、作業自体は大変ではないので、是非チャレンジしてみてください! 

 

テンプレートでの文字のみのヘッダーは、情報の取捨選択で切り捨てられる可能性が高くなります。

 

手が込んでいるブログほど、人は興味をそそられるのです。

 

 

ブログタイトルはキャッチコピーと同じ

ブログタイトルを疎かにしていませんか?

記事を書くことばかりに重きを置いてしまってはいませんか?

 

 

ブログタイトルは、お店の看板と同じです。

看板で興味がひけなかったら、来店してもらえないのと同じです。

 

SEO対策を意識してキーワードばかりを盛り込むのはやめましょう。

 

私自身まだまだ未熟ではありますが、「気になる」と思ってもらえるようなタイトル付けを心がけています。

 

タイトルは、投稿後に変更しても大丈夫ですよ!

タイトルを変えたらPVが増えたという事例も多くあります。

 

イマイチだなと思ったら変えちゃいましょう!

 

ブログの「テーマ」は個性の出しやすいものにする。

ブログの「テーマ」についてですが、テーマが人気だからと安易に選ばないようにしましょう。

人気ということは多くの方が使っているということです。

その中で、オリジナリティを出せなければ埋もれます。

 

 

特に、ヘッダー画像を入れる所が無いテーマだと、競争が激しいでしょう。

中身の記事、アイキャッチ画像での勝負になります。

 

 

私は、シンプル過ぎるテーマだと個性が出せないと思ったので、キャラクター、ヘッダーとの色合い、バランス、雰囲気等を合わせて考えて今のテーマにしています。

 

 

ミニマリストとかだと、スタイリッシュなテーマの方が記事の説得力が上がるのかも知れませんが、そうじゃない方は積極的に個性を出して行きましょう!

 

 

アイキャッチには、タイトルを入れた画像を。

記事のアイキャッチ画像は、TwitterなどのSNSで拡散した場合にも表示されます。

 

ただ、Twitterは流れるのが早いため、文字は流れてしまう場合がほとんどです。

そこで画像内に文字を入れることを視覚的なアプローチをすることが大切なんです。

 

 

また、皆さんは、ご存知ですか?

Google様は、画像に入っている文字すらも認識しているということを・・・。

つまりは、SEO対策でも効果があるのです。 

 

 

そんなに凝って画像を作る必要はないですよ!

画像の明るさ調整をして、タイトルが見えやすいように文字に枠や影をつけるだけでも十分です。 

 

よりお洒落だったり、インパクトがあった方が目立って良いでしょう。 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

記事の内容に自信はあるのに、PVが増えない・・・。

そんなお悩みは、デザインを鑑みることが解決するかも知れません。

 

是非、この記事を読んだ方は、今すぐ実践できるものから取り組んで行きましょう。

 

 

デザイン等を考える場合は、コンセプトから考えると、すんなり決まりますよ!

 

今後、自分の練習のためにも、人のブログのヘッダーも作って見ようかなと思ってますので、ご縁がありましたら是非!

 

 

それではまた!

ブログ初心者でも出来る、読みやすいブログを書く方法。

f:id:mint_blog_japan:20190321011218j:plain


こんばんは!みんとです!


皆さんは、どんな事に気をつけながらブログを書いていますか?


SEO対策、デザイン、根拠となるデータ、経験談、親しみやすさ、キャラ化・・・・・etc.


ブログを書く上で、どれも大切な要素ですよね。
どれも意識しておいて損になることはありません。


しかし、ブログ初心者が全てを完璧にこなすことは難しい。


そこで、今回は「読みやすさ」の部分にフォーカスしていきます。

 

読みやすさに直結する『テンポ』

 

文章の読みやすさで最も重要なのは、『テンポ』です。

 

書籍等では、多少文章が長くても読まれますが、WEBのように情報過多で競合の多いジャンルでは、テンポの良い文章が好まれます。

 


テンポが良い文章とは?

 

テンポが良い文章とは、「引っかかる箇所がなく、頭の中で簡単に整理・理解ができる文章」です。


具体的には、こんな感じ。

 

①無駄のない言い回し

②小見出しをうまく使っている

③文字数の少ない一文


たったの3点を意識するだけで、テンポの良いブログを書くことができます。


文章を読む際、人は頭の中で音読をします。
その際に、わかりにくい言い回しなどがあると、戻って読み直す工程が生まれ、テンポを悪くさせる原因となります。


テンポの悪い文章は、気持ち悪いと読者に感じさせてしまうため、最後まで読まれない可能性が高くなります。
出来るだけテンポの良い文章を心がけましょう。


人のブログを見るときに、読みやすいブログもある思います。
一度、テンポを意識して読んでみてください。


「読む」よりも「見る」に近づける

 まずは、この文章を読んでください。

 
こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば  じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて  わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?ちんゃと よためら はのんう よしろく

 


どうですか?普通に読めませんでした?


人間は、単語を構成する文字を並び替えても、最初と最後の文字が合っていれば読めてしまうのです。

※この事象はTypoglycemia(タイポグリセミア)と言います。


人は一文字ごとの理解ではなく、一つの集合体として視覚的に認識するため、このように文章が間違っていても脳内で予測・補正をすることで問題なく読む事ができるのです。

 


短めの文章や、改行、句読点でわかりやすくしてあるものは、流し読み程度でも頭に入ってきますので、その辺りも意識しましょう。


集合体は、長文で改行や句読点がないものだと、まとめての認識が難しくなるため、
細かいくらいに使用しても良いでしょう。

 

 

ちなみに正しい文章に直したものが以下です。

 

こんにちは皆さんお元気ですか? 私は元気です。

この文章はイギリスのケンブリッジ大学の研究の結果

人間は文字を認識する時その最初と最後の文字さえ合っていれば 順番は滅茶苦茶でもちゃんと読めるという研究に基づいて 

わざと文字の順番を入れ替えてあります。

どうです?ちゃんと読めちゃうでしょ?

ちゃんと読めたら反応よろしく

 

※実際には、ケンブリッジでこのような研究が行なわれたことはないとの情報もありますが・・・(笑)

 
無駄を無くした文章を意識する

 

テンポの良い文章には、周りくどい言い回し、難しい表現は一切不要です。
徹底的に無駄を省きましょう。

 


最初に記事を投稿する際に意識できていなくても大丈夫です。
読み返しているときが、一番無駄を見つけやすいので、後でリライトしちゃいましょう。

 


ブログを書いていると、批判を恐れて自分を守るような言い回しをしてしまう事もありますが、言い回しがくどく、一文が長くなる原因にもなります。


断言した方が、説得力も上がりますし、文章もすっきりします。

 


ブログ初心者の方は、まだ読者も多くないと思われますので、批判は気にせず、自分の思ったことに自信を持って記事を書きましょう。

 

まとめ

 

テンポの良い記事は、読者にも優しいし、書いてる側も楽しいです。
単純な文章、文章のスリム化程度で実践てきるので、是非試してみてください。

 

 

ブログ初心者は、求めるところが高く、自分でハードルを上げてしまう場合があります。

 

私も最初は、リサーチにリサーチを重ね、全部完璧にした記事を書こうとしていましたが、一つの記事を書くのに、すごい労力と時間をかけてました。


そこまでしたのに、内容に納得できずに削除。早々に挫折しました。

 


「一つの記事で、一つの事を学ぶ。」

 


そんな気持ちで書くようにしています。
皆さんも、そのくらいの気持ちで書いた方が、自分の色を出せるのではないでしょうか。

 

「ブログ初心者が継続して記事を書くための考え方 」という記事も書いていますので、

良かったらそちらも読んでみてださい。

 

www.tokotsu-mint.com

 

 

それではまた!

Take it easy.

 

ブロガー×広告代理店=スーパー営業マン!?

f:id:mint_blog_japan:20190316002312j:plain


 

 


こんにちは!みんとです。


いや~、お久しぶりです。
引越しやらなんやらでバタバタしておりまして・・・気付いたら1ヶ月 (泣)


再始動して頑張って行きますよ!!

 

再始動一発目は、ブロガーと広告代理店についての記事です。


広告代理店に勤めながら、ブログをやっている私だからこそ感じたことをまとめました。

 

 

 

そもそも広告代理店とは?

まずは、広告代理店の話をしましょう。

広告代理店とは、企業からお金をいただいて"代理"で広告活動を行なう会社です。

 


「一般消費者に商品を知ってもらいたい。」

「新しいサービスを広めたい。」
だけど広める方法・手段がわからない。

 

そこで必要となるのが、広告のプロである「広告代理店」です。
有名な企業だと、電通や博報堂ですね。

 

世の中には、WEB・チラシ・看板・テレビなど媒体が多数存在します。
広告代理店は、その中から目的・ターゲットに応じて媒体を使い分けます。


WEBであれば、ネット等に抵抗のない比較的に若い世代。
スーパーのセール情報、不動産の内覧会や販売会などのタイムリーな情報を伝えるならチラシ。

 

高齢の方をターゲットとしている商品・サービスをWEBでアプローチをしても、
直接的に情報を届けるのは難しいでしょう。

こんな感じに媒体を決めます。

 


そして、その媒体毎に合ったデザインを制作します。
外注のデザイン会社に依頼したり、自社のデザイン部門で制作したりします。


そして、広告を実施する、といった流れになります。

 

広告の実施には、他にも様々な手順や工程を踏みますが、長くなるので、それはまた別の機会に(笑)

 
ブロガーが広告代理店に勤めたら絶対活躍する説

 

これは広告代理店に6年勤めている私がブログを始めて確信していることです。

 


昔の広告代理店といえば、「企業からの内容を一般消費者へ伝える。」といった一方的の物でしたが、一般消費者のニーズを掴めていないため、効果が出ないなどの問題もあり、変革が行なわれました。

 

 

「一般消費者のニーズを調査し、そのニーズを満たす形で情報を伝える。」
消費者側の目線を大切にするようになったんです。


ブロガーが広告代理店で絶対活躍すると確信している点は、この部分にあります。

 

PV数を稼ぐことが出来ているブロガーは、ユーザーの求めているものを深くリサーチし、どのような答えを求めているのかをしっかり考えます。


言葉にすると簡単そうに見えますが、これは大変労力を使うことです。
日々の情報収集を欠かさず、一般消費者の目線も大切にする。

 

長く広告代理店で働いていると、どうしても企業側とのやり取りのみになるため、
この目線を置き去りにしがちです。

 

ブロガーは、今の時代の広告業界に最も必要な物を備えているのです。


もちろんプレゼン能力や、話術等、他にも必要な能力はありますが、そんなもの数をこなせば勝手に身付きます。


一般消費者の事をしっかり知っていれば、それを武器に説得はできますので、なんとかなるんです。(笑)

  

依頼する企業目線でのブロガーと広告代理店

昨今、広告代理店は正直厳しい部分があります。

 

コストカットする際、まず広告費が候補にあげられてしまうからです。

 

広告代理店に依頼すると、

媒体費・デザイン作成費・企画費・手数料等、様々なお金がかかってしまいます。

そしてその金額は正直安いものではありません。

 

一つチラシを作成するのに、何十万円、専用のWEBページを作成すると何百万円と動くこともあります。

 

最近では、デザインの職に就いていない方でも、Adobeのフォトショップやイラストレーターなどを使える人が増えていますし、windowsのパワーポイントでも十分な程デザインを作成することができます。

手間と時間はかかるが、作成できないことはないのです。

 

 

そのため、予算削減等が必要になると、

 

「多少質が落ちたとしても、莫大なお金がかかるよりは良い。」

 

という結論になるのです。

 

 

その点、ブロガーに依頼するとどうでしょう。 

 

商品・サービスを無償で提供し、レビューを書いてもらう。

 

この形が一般的かと思いますが、レビュー記事の相場は、高くても、「1文字5円ほど」でしょう。

よっぽどのインフルエンサーではない限りは、このくらいなのではないでしょうか。

 

2,000字の記事で、10,000円。

代理店に依頼するのに比べると激安ですね(笑)

 

この金額に見合っただけの効果なのか、というとそうではありません。

最近では、調べ物はネットで検索する人がほとんどなので、生の声を知る事ができるブログは一般消費者が欲しい情報とも言えます。

 

広告代理店に100万円をかけるよりも、

1万円でレビューを書いてくれるブロガー100人に依頼する方がはるかに効果的でしょう。

 

 

最近は、Youtubeばかりが目立っていますが、Youtuberに商品紹介をしてもらう場合も、安くはないでしょうか。(反響はすごいありそうですが・・・)

 

Youtuberのギャラは、芸能人くらい行くこともあるみたいなので、限られた予算の中で広告を行なうならブロガーに依頼することをおすすめします。 

 

 ブロガー目線だと、もっと単価上げて欲しいとは思いますが・・・。

 

 企業案件では「ステマ」だけは絶対NG!

 企業案件の依頼がきたブロガーのあなた!

 

「ステマ」だけは絶対やってはいけません。

 

ステマ=ステルスマーケティング 

消費者に宣伝と気付かれないように宣伝行為をすること。

 

ステマは、企業のイメージダウンにも繋がりますし、ブロガーにとっては、積み上げた信頼を失うことにもなりかねません。

 

過去に有名人がステマしたことで、炎上してテレビから見なくなったように、

一つのステマで、他の企業案件が来る可能性もなくしてしまいます。

 

企業からの提供があった旨を記事でしっかり伝えた上で、自分の素直な感想を書きましょう。

結局は、読者に誠実かどうかがブログでは大切になります。

  

ダメ!ゼッタイ!ステマ!


まとめ

 

最後の方は、少し本題からずれましたが、

どうですか?広告代理店で働く気になりましたか?(笑)

 


私自身、ブログを始めたことで、読んでくれるユーザーの事を考える意識が身付きました。
記事は見にくくないか、ユーザーの悩みを解決できているか、説得力のある根拠付けができているか。


本当にブログを始めて良かった。
仕事が楽しくなりました。

 

ブログをやっている方は、広告代理店へ。
広告代理店で働いている方は、ブログを。

 

私が採用担当だったらブロガー大歓迎です!(笑)

 

ほんとブログをやっている方で、転職を考えている方は是非、広告代理店も視野に入れてみてください(笑)
ちょっと残業が多いですけどね・・・。

 


それでは、また!

次は期間が空かないように気をつけます!!


Let's enjoy the work.

チラシは無くなるのか。印刷業界の今後は!?

f:id:mint_blog_japan:20190210031114j:plain


こんにちは!みんとです。

 

 

皆さんもポストに入っていて嫌な思いをしたことのある「チラシ」。

 

スマートフォンが普及したことで、広告はネット化の一途をたどっていますが、未だにチラシは無くなりません。

 

今回は、チラシ含め印刷業界の今後について記事にします。

 

 

どんなチラシが多い?

皆さんの住んでいるところでは、どんなチラシが入っていますか?

 

私の住んでいるマンションにはこんなチラシが入っています。

  • スーパーマーケット
  • 不動産
  • 不良品回収
  • 猫探しています
  • 探偵
  • 美容院

 

私の街は小さな街なので無いのですが、大きな街だと家電量販店のチラシなども入っているのでしょう。

 

 

なんのためにチラシってあるの?

仕事でも、広告媒体としてチラシを選択することがありますが、まぁ付いて回るのがクレーム問題。

 

必要と感じていない人には、チラシはストレスでしかないようです。

 

 

そもそも、企業はなんでチラシを入れるのでしょうか。

 

時事的な内容を伝えるため

リアルタイムな情報を伝えるためには、チラシは有効です。

代表的なものだと、スーパーの特売情報です。

 

 

今週は人参が安いとかね(笑)

 

 

ネット化が進んでいるとは言え、ネットは自分から情報を探さないと知ることができないのですが、チラシは自宅のポストを見れば、その情報を知ることができます。

 

 

そこがチラシの性質として優れている点です。

ただ、欲していない情報を一方的に伝えている訳なので、クレームになりやすいんですよね。

 

 

相乗効果を狙った手段の一つ

もう一つのチラシの効果は、 テレビCMや、WEB広告、駅看板などの他の広告媒体の「+a」としての役目です。

 

 

人は無意識に、色々な広告を目にしています。

目にすればする程、その人の潜在意識に広告したい商品・サービスを刷り込むことができるので、多様な広告活動をしている企業は、こちらの効果を利用している場合が多いでしょう。

 

 

現状厳しい印刷業界

広告業界の話を少し混ぜましたが、次は印刷業界の話をしましょう。

 

正直なところ、印刷業界は少し厳しい現状ではないかなと思います。

 

  • ネット普及
  • 紙代の値上げ

 

この2つが大きいでしょう。

 

 ネットの普及については、言わずもがなですね。

 

 

紙代については、

王子製紙・日本製紙・大王製紙の大手製紙会社が、2019年1月1日出荷分から値上げをすると発表しました。

 

それに伴い、他の製紙会社も値上げを発表しています。

 

理由としては、燃料価格や物流費の高騰です。

 

値上げ幅は、印刷用紙が20%以上、コピー向けなど情報用紙が10%以上としています。

原価の値上げで、この上げ幅は相当高いと思います。

 

 

この動きに対して、日本印刷産業連合会は、「印刷・情報用紙の値上げについて反対します」という書面を出していますが、それでも、この大幅な値上げとネット普及の影響で、紙媒体の減少に拍車がかかることは避けられないでしょう。

 

 

チラシに関しても、相乗効果としての役目として活用していた企業は、コストカットの優先候補にあげるため大幅に減少します。

 

まだ印刷業界は大丈夫

 色々と厳しい話ばかりですが、まだまだ印刷業界は大丈夫でしょう。

 

印刷物と言っても、なにもチラシだけではありません。

パンフレット・POP・ポスター・雑誌・書籍など商材は様々です。

 

普段の生活の中で探してみてください。

意識していないだけで、思っているよりたくさんあるはずです。

 

 

そんなものが全て、いきなりなくなるとは思えません。

超少子高齢化の日本ですから、機械に不慣れな高齢な方達を蔑ろにする訳にもいかないですしね。

 

日本の人口割合が大幅に変わらない限りは、印刷業界は大丈夫でしょう。

 

まとめ

昨今の動きで、チラシは大幅に減少することになりそうですが、印刷業界はまだ大丈夫でしょう。

 

書籍に関しても、電子化が進んではいますが、若い人でも紙で読みたい派もいますので、その辺もまだまだ大丈夫そうです。

 

本を買うのってワクワクするので、個人的にも印刷業界には頑張ってもらいたいですね(笑)

チラシはそんなにいらないですが・・・・。

  

 

以上、今回は、チラシと印刷業界について書きました。

身近なものだけど、あんまりそう言った業界には目を向けない人も多いのではないでしょうか。

 

今回の記事をきっかけに、皆さんの生活の中に新しい発見がありますように。

 

それではまた!

 

 

良かったら、「はてなブックマーク」・「読者になる」ボタンをお願いします。

はてなブックマークでアクセスUP!!

f:id:mint_blog_japan:20190206005315j:plain

 


こんにちは!みんとです。

  

皆さんは「はてなブックマーク」(はてブ)を活用していますか? 

 

 

ブログを読む人の便利ツールというだけでなく、記事を書く人にも大きなメリットがあるんですよ!

 

 

今回は、そんな「はてなブックマーク」についてご紹介します。

 

 

そもそも、はてなブックマークって何? 

まず、はてなブックマークとは何かと言いますと、公式では

 

「はてなブックマークは、オンラインにブックマークを保存・公開することで新しい体験ができる、ソーシャルブックマークです。はてなブックマークを利用すると、インターネットの情報をより深く理解でき、良質なページをより少ない時間で見つけられます。ブックマークすることで、知らないだれかと価値を共有するのは、すばらしいことです!」

 

と説明されています。

 

 

正直よくわからないですよね?(笑)

 

 

性質を簡単にまとめると、こんな感じです。

 

  1. ネット環境があれば、どこからでもブックマークした記事を読める(保存)
  2. ブックマーク公開して、多くの人と感想をシェアできる(共有)
  3.  旬な話題・新着記事がわかる(発見)

 

 

ここで、ブログを書いている方々に問題です。

この中で最も重要なのはどれだと思いますか?

 

 

保存してくれれば、後で見てくれるってことになるからPV数が増えそうな「1」?

 

共通の気になった記事を公開して、交流することでファンが増えそうな「2」?

 

 

 

いいえ、正解は「3」です。

 

「新着記事」がポイント!

「旬な話題」に関しては、はてなブックマークの数が物を言いますが、「新着記事」についてはちょっと仕組みが異なります。

 

 

一定時間以内に、はてなブックマークが「3つ」付くと各カテゴリの新着記事に表示されます。

 (以降、はてなブックマーク→はてブ)

 

これだけでも閲覧数に期待ができるのですが、更に「はてブ」が増えていくと、「はてブ」のTwitter公式アカウントが記事を拡散してくれたりもします。

 

 

 「はてブ」が増えると、ページの目立つところへ移動していくようになるので、相乗効果も期待でき、バズるという形になるのです。

 

 

セルフブックマークは絶対NG!! 

自分の複数のアカウントを使用して、自分の記事に「はてブ」をつけると、スパム扱いになり、ペナルティを受けるので、絶対やめてください。

 

不正はせずに、純粋に良い記事を書いていきましょう。

 

 

どうやったら「はてなブックマーク」を押してもらえる?

まず、ブックマークをされやすい記事の傾向としては、「まとめ」系です。

 

「専門的な知識の詰まったまとめ記事」や、日常で使える「名言まとめ」などが強いです。

 

そういった記事を狙って書くのも一つの方法です。

 

 

あとは、ちょっとしたことなのですが、

記事の中で「はてブ」を押してもらえるようにお願いしましょう。

 

人気のYoutuberなどの動画でも同じなのですが、登録ボタンやSNSのフォローをお願いしていますよね?

何かの本で読んだのですが、お願いするのと、しないのでは、反応が全然違うそうです。

 

ぜひ、記事の最後の部分に入れてみてください。

記事を気に入ってくれれば、「はてブ」をしてくれるでしょう。

 

 

まとめ

「はてブ」を上手く活用すれば、もっと充実したブログライフが送れますので、ぜひ実践してみてください。

 

気に入った記事・後で読みたい記事があったら、気軽に「はてブ」をしてみてください。

そこから自分の記事を見てくれて「はてブ」を返してくれる可能性もあります。

 

更に、コメントを残すと、より効果が出るでしょう。

 

 

「はてブ」のハードルを下げて、積極的に活用していきましょう。

 

 

 

Take it easy!

気楽にね!

 

 

ちなみにはてなブックマークはこちら

b.hatena.ne.jp

 

また、良かったら「はてなブックマーク」をお願いします!

「B!ブックマーク」 と書いてあるボタンです。

ブログ初心者が継続して記事を書くための考え方。

f:id:mint_blog_japan:20190204024006j:plain

こんにちは!みんとです。

 


初心者ブロガーの皆さん!

初めから完璧な記事を書こうとしてませんか?

 

色んな方のブログを読んだり、自分で書いてみて、書くときに意識していることをご紹介します。

  

文字数が少なくても気にしない 

1つの記事の文字数は、2000字くらいがGoogleの上位表示に入りやすいと言われますが、最初から2000字というのは初心者には少し厳しいでしょう。

 

そもそも、文字数が多いから上位表示されるということではなく、文字数の多いまとめ記事などがよく読まれる傾向にあるという話なので、無理に文字数を増やすことを意識しない方が良いです。

 

逆に、文字数を稼ぐために、遠回しな文面にしてしまうと、読者の読みにくい文章になってしまいます。

 

わかりやすい文面を心がけましょう。

 

あとから肉づけする

投稿する記事の出来は、はじめは6・7割くらいで大丈夫です。

あとでリライトすれば良いのです。

 

始めたばかりの場合、検索流入は期待できません。TwitterなどのSNSを活用して、見てもらうことが多いでしょう。

 

そのため、投稿時のアクセスを意識してしまいがちですが、ブログはストック資産です。長い目で見守りましょう。

 

自分のライティング力を養っていくように、ブログも一緒に育てていけば良いのです。

 

自分が書いていく中で、「どこを直したら良いのか」「もっとこうした方が良いな」と気づくので、その都度修正して、内容を濃いものにしていきましょう。

 

 

毎日投稿すると決めつけない

始めたては、意識が高い状態なので、「毎日投稿をしよう。」と目標を立てるでしょう。

 

書く習慣をつけることは悪くありません。

ただ、どうしても記事を書けないような日がありませんか?

 

「昨日は書けなかったから今日は2本書かなきゃ・・・。」

そんな風に考えてしまうと特に忙しい方は、どんどん蓄積されて負担に変わります。

 

そして、その負担を理由にリタイア・・・となりかねません。

「書かなきゃ」という義務感が良くないのです。

 

長く続けていこうと考えているならば、書けなかった日は負い目に感じずに割り切ってしまいましょう。

 

また、追い込まれて書いた記事というのは、読者もなんとなく気づきます。

逆に、「この人、すごい楽しんで書いているんだろうな」という記事は、ファンがつきやすいでしょう。

 

すぐに成果が出るとは思わないこと

Twitterや、アフィリエイトブロガーの記事などを見ていると、「3ヶ月で収益★★円」といった内容をよく目にします。

 

ただ、それが当たり前ではないということを覚えていてください。

最初から収益が出るものではないという考えを持っていれば、短期間で挫折することはありません。

 

最低でも1年〜2年くらいの期間で考えておきましょう。

ただ、その長い期間でも情報収集や試行錯誤は怠ってはいけません。

 

 質の高い記事を書けるよう頑張っていきましょう。

 

最初は専門性を意識しすぎない

書きたい内容が専門性のあるものでしたら、とても強みと言えるでしょう。

 

しかし、今までブログを書いていなかった人で、専門的な知識を持っていない場合は、ブログの内容を特に決めつけない方が良いです。

 

いきなり質の高い記事を書こうとすると、ハードルが上がってしまうからです。

良いものを書こうとする思いは、とても良いです。

ただ、完璧を求めすぎないようにしましょう。

 

まずは、自分の書きやすい内容のものから記事にしていき、その中で自分がよく書いているようなジャンルのものを、将来的に特化させていく、そのくらいの気持ちで大丈夫です。

 

まとめ

ブログ初心者が継続して記事を書くためには、記事を投稿すること自体のハードルをできる限り下げる必要があります。

 

最初から完璧なものを求めてしまうと、「間違った情報を伝えてはいけない」「リサーチをしっかりしないと・・・」「上位表示するためには」と考えてしまうので投稿するペースが落ちてしまいます。

 

特にブログ初心者の方は、現役の学生や社会人といった忙しい方も多いので、両立して全てをこなすのは大変でしょう。

 

私自身も、社会人で残業も多い方なので、ブログにかけられる時間に限りがあります。

 

高い目標を持つことも大事ですが、追い込みすぎないようにしましょう。

 

 

「やらなければならない」よりも「やりたい。」

 

 

楽しみながら一緒にブログをやっていきましょう!

 

Let's enjoy!

【ゲーム】カメラ操作が苦手なら「FPS」がオススメ!

f:id:mint_blog_japan:20190131185823j:plain


 こんにちは!みんとです。


みなさんは、PS4でゲームを遊んだことがありますか?


最近はプレイしていなかった方も、「キングダムハーツⅢ」が発売して久しぶりにプレイした方もいるでしょう。


今回の記事は、カメラ操作が上手く出来ず、没入しきれていなかった友人を見たので、同じような方に向けての記事になっています。


皆さんも、もどかしい思いをせずに、思いっきりゲームの世界に没入しましょう!!


カメラ操作(視点移動)で苦戦してない?


初心者の方がぶつかるカメラ操作問題。
わたしも経験しました・・・(泣)


カメラ操作ができるようになれば、快適かつ、余裕をもったプレイができるようになります。

 


よくある操作設定は、だいたいこんな感じ。

【左スティック】
キャラ本体を移動

【右スティック】
キャラの向く方向・視点・カメラ位置の移動

 


視野を確保しながら動くには、左右のスティックを同時に操る必要があります。


初心者の方でも、キャラ本体の移動だけであれば、すぐ慣れるのですが、カメラ操作も同時となるとスムーズに操作するのは難しくなります。

 

カメラ操作関係のあるある

  • カメラが下を向きがち
  • 見たい方向とは逆にカメラが動く
  • 死角から敵に襲われる
  • 曲がり角で待ち伏せにあう
  • アイテムを見つけるのに時間がかかる

 

自分にあった感度に調整しよう

カメラ操作をする上で、重要なのは、「感度」です。


感度が低いと、
スティックを倒した場合→ゆっくりカメラが移動します。

 

逆に感度が高いと、
スティックを倒した場合→ものすごい速さでカメラが移動します。

 

こういう風に書くと、感度が高い方が良いと思うかも知れませんが、そう単純ではありません。

 

感度が高いということは、それほど繊細なスティック操作が必要になります。
倒し切るのではなく、ほんの少しだけ倒すなどの調整が必要なのです。


逆に感度が低すぎると、自分が見たい方向を見るのにも時間がかかるためストレスにもなります。

 

感度は、真ん中くらいから始めて少しずつ自分に合う感度を見つけましょう。

 

カメラ操作をマスターするには、「FPS」ゲームがオススメです。

キャラクターの操作・視点の両方の操作が必須のゲームなので、否が応でも覚えることになります(笑)

 


おすすめのFPSゲーム

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』

2018年10月12日に全世界同時発売された、FPSオンラインゲーム。
最近では多くのプロチームが結成され、e-sports分野でも人気のゲームです。

 

オンラインでの対人シューティングゲームなので、稀にマナーの悪いプレイヤーもいますが、
まだまだ初心者も多いゲームなので、オススメです。

 

FPSゲームは、視点=照準なので、カメラ操作ができないと敵を倒すことができません。
敵を倒すことが目的のゲームなので、カメラ操作を重点的に鍛えることができます。


それに加え、左スティックのキャラ本体の動きも重要になります。
銃撃戦になるため、逃げる・追う・隠れるの動作を迅速に行なわなければならないからです。

 

両方が噛み合うと、スムーズなプレイと言えます。

 


FPSのゲームを初めてプレイする人は、1回の試合で、一度も敵を倒せない時もありますが、誰でも最初はそうなので、地道に頑張りましょう(笑)

 

一度倒せるようになったら、次は2度、3度・・・・・、
のように目標をあげていくとモチベーションも続いて良いですよ!

 

このゲームが、普通にプレイできるようになれば、カメラ操作はマスターしたと言っても良いでしょう(笑)


 

一人称視点と三人称視点の説明

【一人称視点】

(FPS=ファーストパーソン・シューティング)
実際に自分の目で見ているような視点。
キャラクター自体は、自分では見る事ができない。
例:コール オブ デューティ


【三人称視点】

(TPS=サードパーソン・シューティング)
キャラクターの俯瞰や、肩越しから見ているような視点。
カメラの位置次第で、曲がり角の先も見れたりする。
例:キングダムハーツ


まとめ

キングダムハーツⅢの他にも、最近すごい勢いで増えているオープンワールドのゲームも、だいたい同じような操作設定になっているはずなので、そんなゲームをプレイしたい方の参考になると思います。


上下反転・左右反転などは、ゲームによっては設定から変更できる場合もあるので、やりやすい方法を探してみてください。

 


それではゲームの世界で会う日を楽しみにしています!

 

good luck!